Facebook広告って何ができるの? 後編


Facebook

前編では、Facebook広告のメジャーなメニューを紹介してきました。

この記事では、そのほかのメニューを紹介していきます。

アプリに特化したメニューもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

※2016年5月時点のFB広告の仕様をもとにしています。

●アプリのインストール数を増やす

アプリのインストールを目的としたメニューです。そのため、まだアプリをインストールしていない新規ユーザーにのみ広告を配信することができます。広告をクリックすることで、すぐにストアにアクセスできるので、インストール率が高いと言われています。

※ただし、インストール数を追うためにはSDKを実装する必要があります。

●アプリのエンゲージメントを増やす

こちらはインストールと異なり、すでにアプリをインストールしたユーザーに向けて、アプリを起動してもらうことを目的としたメニューです。そのため、アプリをインストールしているユーザーに、広告を出稿できるようになっています。

アプリに関して何かをユーザーに伝えたい、イベント開催の告知などがある場合に、活用するのがお勧めです。

●近隣エリアへのリーチ

任意のエリアから、半径1~70km以内のユーザーに広告を配信するメニューです。実店舗の集客にお勧めです。広告に利用できるボタンには、道順を表示・今すぐ電話・メッセージを送信などがあるため、ユーザーが感覚的に次のステップに進むことができます。

Facebook広告は目的に合わせ、様々なメニューを活用することができます。

今回紹介していないものも多数あるので、気になる方はぜひ1度、お問い合わせください!

#広告 #入門編

最新記事
カテゴリ
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア